MENU

敏感肌になる原因ってあるんですか?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下し乾燥しやすく過敏な状態になることです。乾燥によって肌が刺激を受けやすくなり肌の表面の組織が傷つき、角質が弱くなります。それによって肌が荒れたり、赤くなったり、髪や衣服が肌に触れてかゆくなったり、ニキビができやすくなるなどの症状が起こります。
敏感肌の原因の一つに、外部からの刺激があげられます。例えば気温や温度の変化、紫外線などがあげられます。季節の変わり目など天候が急激に変化する場合にもおこりやすくなります。
ほかにも洗剤や化粧品などがあげられます。肌に合わない化粧品を使うことで刺激を受けることがあります。シャンプーのすすぎ不足にも気をつけることが必要です。髪の毛や衣服が肌に触れてかゆみや赤みが出ることもあります。また体内のバランスも考えられ、月経前に敏感肌になりやすいことがあります。精神的なストレスも敏感肌の原因となると考えられています。そのほかにも花粉や食べ物のアレルギーもあげられます。
外部刺激のほかに栄養が十分に足りていないこともあります。肌の角質を作るには緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれるビタミンAが重要です。これらの食品をしっかり摂らないことで肌の調子が崩れることがあります。またタンパク質も重要な要素の一つです。そのほかにも女性の場合は貧血で鉄分が不足すると肌の状態に影響すると考えられます。バランスのよい食事が敏感肌の改善に大切なポイントとなります。

敏感肌について記事一覧

敏感肌の方でも、一般的な肌の方と同じ悩みを抱えてしまうことがあります。しかし、使える化粧水やそのほかの化粧品が限定されてしまうことがありますので、できる範囲でということになります。成分的に、バラベン(防腐剤)、またアルコールが入っているものを使いますと肌荒れしてしまったり、赤く炎症を起こしてしまったり、また最悪のケースですと皮がむけてしまったりすることもあるようです。敏感肌の方は、そのような成分が...

敏感肌は、肌のバリア状態が崩れて外からの刺激が入り込みやすくなった状態を言います。気温や温度の変化、洗剤や肌に合わない化粧品、髪の毛や衣服の繊維などが敏感肌を引き起こします。また精神的なストレス、月経周期なども要因となります。外部刺激には花粉のアレルギーもあげられます。敏感肌になると、肌の角質が荒れてしまい化粧品がしみたり、かゆみが出たり、肌が赤くなったりします。また、外部の刺激によって角質の代謝...

近年、敏感肌の女性の間で無添加の化粧品を買い求めることが常識のひとつとなっています。無添加の基準としては、各化粧品メーカーによっても見解が異なっていますが、一般的には化学物質などが一切含まれていないことが挙げられます。たとえば、天然の植物成分のみが配合された化粧品などはお肌を傷つける心配がないために、肌質が弱いことを自覚している女性にとっては欠かすことができないアイテムとして支持されています。若い...

敏感肌とは、角質の水分保持力が低下しているので、様々な刺激に対して肌が対抗できず弱くなっている状態で、これを乾燥肌といいます。角質の水分量が低下すると、表面の皮膚が乾燥してめくれ、そこから様々な刺激物質が侵入してくるため、かゆみや赤みなどの炎症を起こすのです。乾燥肌・敏感肌になる原因は様々で、その時の体調の変化や季節の変わり目、また環境の変化によっても起こります。主な原因は、ストレス・睡眠不足・年...

思春期のニキビは、ホルモンバランスにより、皮脂の分泌量が増え、毛穴に詰まることが原因となります。それに比べて、大人ニキビは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルが乱れることにより、角質が厚くなり、毛穴に皮脂が詰まる事が原因となります。大人ニキビは、不規則な生活習慣などによりますが、原因特定が難しい為、思春期ニキビより、治りにくいものです。乾燥肌、脂性肌、混合肌と、肌トラブルも、複雑ですが、乾燥肌も、ニキ...