MENU

敏感肌とアトピーのかゆみの原因の違いとその対処の仕方を教えてください。

敏感肌とは、角質の水分保持力が低下しているので、様々な刺激に対して肌が対抗できず弱くなっている状態で、これを乾燥肌といいます。角質の水分量が低下すると、表面の皮膚が乾燥してめくれ、そこから様々な刺激物質が侵入してくるため、かゆみや赤みなどの炎症を起こすのです。
乾燥肌・敏感肌になる原因は様々で、その時の体調の変化や季節の変わり目、また環境の変化によっても起こります。主な原因は、ストレス・睡眠不足・年齢・ホルモンバランスの乱れ・偏食・誤ったスキンケア・季節の変化などが挙げられます。
敏感肌と症状が似たものに、アトピー性皮膚炎があります。しかし、症状が似ていてもこの2つには違いがあります。
敏感肌は上記で記したように、乾燥によって角質の表面が破壊され、そこからの刺激によってかゆみが起きる症状で、症状が出やすい箇所は主に顔に集中します。
一方アトピー性皮膚炎は、その様々な刺激に対してアレルギー反応を起こしてしまうのです。アレルギー反応は顔だけに留まらず、上半身全体にまで広がる傾向があります。上半身にまで広がると更にかゆみが増し、真っ赤に腫れ上がり出血する場合もあります。
これらを対処する方法として、敏感肌には、刺激に対して敏感になっている肌の角質バリア機能を、正常に立て直してあげることが重要となってきます。それには、水分を与えるだけではなくセラミドなどの、肌に水分を蓄えることのできる保湿成分を補う必要があります。
また、アトピー性皮膚炎には症状によっては、私生活にも影響を及ぼす恐れがあるため、皮膚科で処方された薬を使って治療する必要があります。

関連ページ

敏感肌の肌荒れで毛穴が開いてきたらどうすれば良いでしょうか?
敏感肌の肌荒れで毛穴が開いてきたらどうすれば良いでしょうか?
敏感肌の改善方法って?
敏感肌の改善方法って?
敏感肌化粧品の無添加って何?
敏感肌化粧品の無添加って何?
大人ニキビと敏感肌について教えてください。
大人ニキビと敏感肌の関係性を調べました。